検索

百貨店案内嬢

百貨店に閉じ込められた美女
百貨店案内嬢
彼女は百貨店のホールで目を覚ました。どうにも見慣れないつくりの店構えだ。周りにひと気はなく、大時計のカチカチという音だけがやけに大きく聞こえる。わたしはなぜこんなところにいるのかしら。なぜこんな制服を着ているのかしら。早く家に帰らなくては……でも、何処に帰ればいいのかしら。私は誰なのかしら。何もかもがはっきりしないわ……。記憶をなくした彼女は、百貨店の中を探索しながら日々を過ごす。百貨店での暮らしも悪くはないようだ。