検索

燐寸灯と金星灯百貨店

燐寸灯
雑貨制作ユニット 金星灯百貨店の活動を始める前、夢のデパート 金星灯百貨店ができる前、空想の世界にあった町が『燐寸灯』です。
マッチ箱サイズの小さな雑貨のシリーズを作ろうとしていました。
マッチ箱の家に住む赤いとんがり頭巾の燐寸人形、マッチ棒のクリスマスツリー、マッチ箱入りの手紙、マッチ箱に詰められたボタン、マッチ箱に入った子ネコのブローチ、マッチ箱のような豆本、マッチ箱の中に建つデパートと街燈のおもちゃ……などなど。

マッチ箱に入りきれない住人が増えたため、小さな箱を飛び出したデパートは金星灯百貨店となり、燐寸灯とその住人は金星灯百貨店のワンフロアに町ごと引越して暮らすことになりました。
金星灯百貨店と燐寸灯は入れ子であり、金星灯百貨店の中の燐寸灯のマッチ箱の中には小さな金星灯百貨店が、その金星灯百貨店の中には小さなマッチの町が、その町には小さな小さな金星灯百貨店が……と、世界は無限に続いてゆきます。