検索

燐寸灯

マッチの町と住人たち
燐寸灯

クリスマスの時期にだけ姿を現すマッチの町 燐寸灯と、その町に住む燐寸人形たち。 今では夢のデパート金星灯百貨店のワンフロアに町ごと引っ越して暮らしている。

金星灯百貨店の世界でクリスマスに必ず上映される映画の題名も『燐寸灯』。金星灯百貨店の住人たちは皆、毎年毎回この映画を見て冬を過ごす。

燐寸人形まち子さん

儚い少女たち
燐寸灯

まち子は、紙マッチの体にお花紙の服と頭巾を着けた、儚い人形です。
まち子姉妹たちは紙箱の家にささやかな宝物を集めながら静かに暮らしています。
燐寸灯

燐寸灯と金星灯百貨店

燐寸灯
雑貨制作ユニット 金星灯百貨店の活動を始める前、夢のデパート 金星灯百貨店ができる前、空想の世界にあった町が『燐寸灯』です。
マッチ箱サイズの小さな雑貨のシリーズを作ろうとしていました。
マッチ箱の家に住む赤いとんがり頭巾の燐寸人形、マッチ棒のクリスマスツリー、マッチ箱入りの手紙、マッチ箱に詰められたボタン、マッチ箱に入った子ネコのブローチ、マッチ箱のような豆本、マッチ箱の中に建つデパートと街燈のおもちゃ……などなど。

マッチ箱に入りきれない住人が増えたため、小さな箱を飛び出したデパートは金星灯百貨店となり、燐寸灯とその住人は金星灯百貨店のワンフロアに町ごと引越して暮らすことになりました。
金星灯百貨店と燐寸灯は入れ子であり、金星灯百貨店の中の燐寸灯のマッチ箱の中には小さな金星灯百貨店が、その金星灯百貨店の中には小さなマッチの町が、その町には小さな小さな金星灯百貨店が……と、世界は無限に続いてゆきます。

映画『燐寸灯』

燐寸灯

空想未来の金星灯百貨店の世界でクリスマスの時期に上映される映画。
少女の夢と冒険の物語。「マッチ売りの少女」をモチーフにしつつも最後はハッピーエンド。
金星灯百貨店の住人たちは皆、毎年毎回この映画を見てクリスマスを過ごす。

| 1/1PAGES |